PR

室内塗り壁にはメリットが沢山でオススメ!意外なデメリットもレビューします。

室内塗壁メリットデメリット 注文住宅あれこれ

我が家のLDKはほとんどが塗壁です。

というのも、リビングとダイニングの仕切りがR下がりでアーチ状なのですが、我が家のHMではR部分には壁紙での施工が出来なかったのです。

そして、アーチ部分のみ塗壁というわけにもいかず。

LDKが長方形で続いている空間だし、塗壁と壁紙の境目も気になるよね〜。。。

ということを考えると、どんどん範囲が広がり、ほとんどが塗壁になったという経緯です。

ネギ
ネギ

そもそも塗壁という選択肢があることを忘れており、当たり前に壁紙になると思っていたので驚きの結果です。笑

ノーマークだった、室内塗壁、調べて見ると塗壁ってメリットが沢山あるのですね!!

しかし、物事にはメリットがあればデメリットもありますよね。

ということで、デメリットについても検討し、まとめてみました!

created by Rinker
KEISOUDO
¥6,600 (2024/07/24 12:22:09時点 Amazon調べ-詳細)

室内塗壁にはメリットが沢山!!

  • 天然素材にてシックハウス症候群の原因となる化学物質を含まない
  • 化学物質を吸収して室内を健康的な空気に
  • ペットやタバコの臭いも吸収し、綺麗な空気に
  • メンテナンスも楽々!
  • 調湿効果に優れ、快適に過ごせる
  • 断熱性にも優れ、省エネ
  • 防火性にも優れている!
  • 静電気を溜め込まないのでホコリがつきにくい
  • 塗り方次第でいろんな表情に

塗壁は、自然素材で化学物質を含まず健康的!

塗壁は化学物質の心配なくても、家具や日用品から化学物質出てるんじゃない!?

って思いますよね。

なんと、そんな空気中の化学物質なんかも吸収してくれるんです🤗

子供がいるので、健康的な空気にしてくれるのはとっても嬉しいです❗️

ほかには、ペットやたばこの臭いなんかも吸収してくれるんです❗️

室内の空気、綺麗に保ちたいので、とても嬉しい効果です♪

メンテナンスが気になる

塗壁はビニールクロスよりもメンテナンスの面においても魅力的なんです❗️

例えば子供が壁に落書きしたー😭って時。食事中に醤油が飛び散ったー😭って時。

そんな時、ビニールクロスの場合は頑張ってゴシゴシするか、それでも落ちなければ張り替えるか、諦めです😢

ですが、漆喰の壁であれば、汚れた箇所に上から薄く漆喰を上塗りすればいいのです。

ちなみにちょっとした汚れは消しゴムで消えたりするみたいですよ!

ビニールクロスのように剥がれてくるということもないので、最初に塗った際のきれいな状態を長時間キープできるのも魅力的⭐︎

一年中快適に過ごせる

日本の夏は、高温多湿。最近は北海道の夏も暑くなってきました。

そして、四季の変化がはっきりしてる日本の気候に対応するための家屋として、塗壁は優れています。

  • 空気が湿り過ぎているとき→湿気を吸収!

  • 乾燥しすぎているとき→湿気を放出しながら室内を快適な湿度に!

ネギ
ネギ

また、断熱性にも優れているので、省エネ効果も期待できるんだとか♪

漆喰は建築基準法で不燃材料として認められている!

塗壁の原料って、土などの不燃材なので、防火性にも優れています。

不燃材として建築基準法の中で認められていると聞くと信頼度爆上がりです♪

家の中で火が出ても、燃え広がりにくい特性があります。

また、ビニールクロスは化学物質で作られていますので、火事になってしまった場合、有毒ガスが発生する可能性も。

一方で、塗壁だと自然素材なので燃えたとしても有毒ガスは発生しにくいのです!

埃やゴミが付着しないのが魅力的❗️

漆喰の主原料である、消石炭の性質として静電気を溜め込まないというのがあります。

その為に、埃やゴミが壁に付着しにくいという特徴も。

家の中で掃除機してもしても埃ってすぐにどこからか湧いてくるんですよね。

なんで??と思っていたのですが、原因として、壁に結構埃がついていて、それが落ちてくるからということを知りました。

ネギ
ネギ

塗壁になれば、この埃地獄から少しは解放されるんじゃないかと期待しております★

味わい深く魅力的なお家に

私が一番初めに塗壁のメリットとして考えたのは、雰囲気のあるお家になるということ。

職人が一塗り一塗り丁寧に塗り上げてくれる壁には、壁紙をペタッと貼った時にはない、温かく柔らかく、そして味わい深さがあると思います。

塗壁のデメリットはなに?

  • 手間暇がかかる為に工期も長くなる
  • 手間暇がかかり金額も高くなる
  • ひび割れの可能性もある
  • 汚れも吸収しやすい

漆喰壁最大のデメリットは!?

当初、ネギが塗壁を全く選択肢から外していた理由としては、高額なオプション費用がかかるからでした。

職人の手によって、何層も塗り重ね、乾くまで待つなど、手間がかかり工期も長くなります

その為コストもかかります。

一方でビニールクロスだと工期の短縮といった長所があります。

有名なアーティストの壁紙クロスだとしてもコスト的には比較的取り入れやすいオプションです。

吸収して欲しくないものも吸収する!?

塗壁は調湿効果や消臭効果があるように、様々なものを吸収する素材です。

しかし、考えようによってはコーヒーや醤油をこぼして壁にはねたりしようものなら、よく吸収してしまうんですねぇ…💔

ひび割れ注意!?

漆喰の壁にはひび割れというデメリットも

施工した時の状態や施工環境の影響を受けるそうです。

下地処理から仕上げ塗りまで正しい施工手順でやってもらうことが必要なんだそうです。

こればっかりは職人さんを信じるしかないのですが…。

実はデメリットはない!?

上記のデメリットについて考えていきましょう。

  1. じつはコスパ良いのでは?
  2. 汚れても自分で気軽に元どおり
  3. ひび割れはそこまで怖がらないでOK

コストが高いこともあり、ビニールクロスにする方も多いですが(私もその予定でした)、メリットデメリットを考慮すると実は塗壁はコスパに優れた壁材なのでは?と思います。

ビニールクロスは汚れた場合や劣化した場合に、壁一面を剥がしてまた新しいのを貼る手間とコストがかかります(劣化もしやすいです)が、

塗壁は汚れた部分のみ薄く塗り伸ばせば良いのです。

初期投資は結構かかりますが、長期的に見ると劣化もほとんどないのでコスパがいいと思います(空気が綺麗に保てる等の機能面も沢山あるし)。

またひび割れに関しては、ビニールクロスでもあり得ます。

それは施工後に建物自体が揺れた場合です。

地震が多い日本なので、ビニールクロスでもひび割れすることも。

もしひび割れが起こってしまった場合塗壁の場合は汚れが付いてしまった時と同じように、薄く上塗りして処理することが可能。

そう言った面でも塗壁のメリットがデメリットをかき消すんじゃないかと思うのです。

塗壁のまとめ

室内塗壁のメリットは調湿性や不燃性などの自然素材なれではの機能性や、経年劣化が少なくメンテナンスも簡単というもの。

デメリットは手間がかかり、初期投資が高いこと、ひび割れでしたが、そのデメリットもメリットがかき消すほど😍

今からでも塗壁にできる!

現在、ビニールクロスのお家でも大丈夫!ビニールクロスの上から塗壁にDIYできます。

クロスの上から自分で塗った場合にも上記のメリットと同じ効果を期待できるので、とってもおすすめです!!

ネギ
ネギ

お家時間で家族でDIYするのも楽しそう!!

created by Rinker
KEISOUDO
¥6,600 (2024/07/24 12:22:09時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました